FC2ブログ
 

記録3(説明)

記録3(説明)





波愛の退院の日。
対面する前に先生から
撮ってくれていた画像と共に説明を受ける。


手術中の画像なので
やはり・・・グロイヨネ・・・


でも血まみれ~ってこともなくホッとしました(笑)


まずは腹から出ていたポッコリ。
腹腔から出てしまってたヘルニアって言うのか?


それはやはり大きく驚いた。
こんなに出ちゃってたのか?って位。

これが一体何なのか・・・ハッキリとはわからない。
変色や不自然な形でもなく
ある意味キレイだった。
腫瘍ってこともなさそうだし
怪しい感じがしなかったので
詳しい検査はしなくても大丈夫だろうと。


ただ。

手術前に先生が触った感じで
「少し癒着があるかもしれないな・・・」
って言ってたけど。

先生の予想通り癒着してた。
しかも予想より結構な癒着だったという。


その癒着を剥離しないと戻せないので
その処置をするために
急きょ切開部分を広げて剥離
出てるものを腹の中に戻して縫合。

無事に手術を終わらせてくれました。


先生ありがとう~~~っ!!!(T_T)


IMG_0844.jpg



縫合・・・っていえばね。

波愛を託して病院を後にしたそのすぐあと。
予想通り。
波愛は火が付いたように泣き出したという。
泣くというより・・・叫びね。(笑)
麻酔をかけるまで叫んでたって


ママが先に出ていくと大泣きするな。
と思ったから
波愛を先に連れて行ってもらった。
その時は大人しく
病院を出るときも泣いてなかったんだけど。


やはりか・・・。


何度も何度も先生とスタッフさんには言ってあったんだけど。
やはりビックリしたらしい。(笑)




先生は心配になったらしい。

縫合・・・(体内のね)小型犬用の糸だと危ないかな・・・って。
あんな腹圧全開だと開いてしまうかもしれないと。

で。

小型犬のくせに波愛は

中型犬用の縫合糸で縫われた。

しっかり縫っといたから!!ってね。



ママ爆笑。ついね。


笑ってる場合じゃないんだけど
ママも心配だったんだよね・・・その辺。
手術後にあの波愛をどうやって大人しくさせとくか。

もう頭を悩ませたわ・・・それはもうハンパなく。

迎えに行ったときは痛み止めが効いてるもんだから
ジャンジャン走るし
ピョンピョン跳ねてるしで

怖いったらありゃしない。
縫った糸がピチッって取れちゃうんじゃないかとヒヤヒヤ・・・


これですものこれですもの。


でもさすがに家に帰ってからは痛みが戻ってきたせいで
ゲージでジッと寝てた。
さぞや痛かろうと可哀想だったけど
泣いたりジタバタしないでくれて助かった。

3日は大人しくしてろよっ!
と波愛は先生にたしなめられてたな。(笑)

先生、4日は良い子に出来ました。v( ̄Д ̄)v イエイ


プッ。





IMG_0845.jpg


今回の波愛のヘルニアは
緊急を要する状況ではなかったので
手術するかどうかは
飼い主であるママと父ちゃんが決めた。



手術なんてしたことないママからすれば
腹を切るなんて大ごとだ。
樹里の避妊手術の時だって(もうずいぶん前だけどね)
それは可哀想で(腹を切るのがね)心配したものだ。(笑)

手術を決めてからも
これで良いのかと不安な気持ちにもなったけど
手術を終えて先生が癒着の状況から

「やって良かったと思うよ。」

と言ってくれた。

お腹の中の状況なんて
外から見たってわからないもんね・・・
ヒドイ事になる前に処置してもらって良かった。


波愛には痛い思い、不安な思いをさせちゃったけどね。
よく頑張ってくれました!!!
早く元気に戻ろうね!!!



本日17日。

まだお外は出さないし
階段の上り下りなどの衝撃の強いことはさせないようにしてますが。

だいぶ元気になってきた波愛。
ある意味この時期・・・今が一番厄介だ。

良い気になって走り回ろうとする・・・

泣く・・・

抜糸まではなんとか

あまり暴れるようなのはやめて欲しい~~~!!!キャ─Σ(゜Д゜)Σ(゜Д゜)Σ(゜Д゜)ノノ─ァァァッ!!!

腹に力を入れて泣くのもやめて~~~!!!( ゚Д゚)キャァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!


只今一番目が離せない状態です





スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索