A D M I N
topimage

2017-10

(記録)続き。 - 2016.07.21 Thu





樹里が新しい抗生物質を飲み始めて
一日・・・二日・・・
副作用を心配してましたがどうやら大丈夫みたい。
心なしか少しダルそうにはしてたけど。


これで副作用が出たとしても
代わりになる薬がないのでヒヤヒヤ。

食欲大盛!お腹も緩くなることもない。
膀胱炎の症状も出ることもなく
穏やかに一週間。

7月12日
尿を家で採取してママだけ病院へ。
有効な薬・・・そうデータで出ても実際は試してみないとどのくらいの効果があるかわからない。
そんなもんらしい。
そう聞いてたのでドキドキして結果待ち。

顕微鏡の映像を見せてもらいながら説明を受けました。
結果は・・・


効果が見られる。
だいぶキレイに除菌されていました。
タンパクはまだ出て尿の濁りもありますが。




・・・良かった。
とりあえずはこれでまたホッと安心。






DSC_0002 (1)


引き続き一週間薬を服用。



7月19日
尿を採取して樹里を連れて病院へ。
尿検査に加えエコーも予定してたので樹里も連れていきました。

今回もやはりタンパクが出てて
尿の濁りもありましたが。

顕微鏡でザーッと見る限りにはヤツ(菌)はなし。


良しっ!!


エコーで膀胱の様子を見てもらうと
膀胱壁も前よりうんと薄くなってました!!!
健常の子に比べるとまだ厚いけど
膀胱炎を繰り返してる樹里にしてはまずまず。

通常ではこの時点で治療は終わり。なんですって。
でもやはり樹里の場合はね・・・
用心のためにもう一週間薬を服用することに。


ママもこれで終わりにするのが不安だったので
Drが同じ考えでよかった。






DSC_0006 (1)


抗生物質を長く使うとやはり気になるのが
菌の薬に対する耐性。
今回の貴重な薬に耐性を作られてしまうと
この先困ることになる。
特にヤツ(菌)は何度も同じ薬に負けたりしない。
でも今、少しだけ残ってる(かもしれない)菌を放置してまたすぐに再発しても・・・
それにどのみち次回同じ菌にやられた時この薬が効くとは限らない。
そうゆう菌なのだ。






今回運よく薬が見つかり
効果をあげてくれたけど。

慢性膀胱炎を長年患ってきた樹里が
これでキレイサッパリ膀胱炎と縁を切れるかどうか・・・
可能性は薄い。
樹里は通常より白血球がやや少なめで
どうやら免疫の面が弱いようだ。
(だからヤツの餌食になったんだけど)



正直・・・
今までたかが膀胱炎。
みたいなところがあった。
でもね・・・


軽く見てはいけない。



慢性化した膀胱炎は人でも犬でも
簡単に考えてはいけない。








DSC_0016_20160721161542434.jpg

これからも同じ戦いをしていかなければいけないと思う、多分。
不安要素はあれど・・・

薬で治った今からこそがママの戦いでもある!!!
Drに色々指導いただいてるので
力の限り頑張るぞ!!!





ここずーっと家で養生しながら過ごしてきましたが。
まだしばらくは様子を見ながら
のんびり過ごそうと思います。


ブログもポツポツ更新しながらね。(笑)
















スポンサーサイト

出かけることなく・・・ «  | BLOG TOP |  » ちょっぴりオヒサです。(記録)

プロフィール

樹里はのママ

Author:樹里はのママ
千葉県在住

樹里(じゅり)…2003年12月31日生まれ♀
ボーダーコリー

波愛(はのあ)…2011年12月11日生まれ♀
チワプー

父ちゃんとママと樹里&波愛で「それ行け!バカ一家」やってます。
     

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (577)
樹里 (60)
波愛 (55)
父ちゃん (1)
ママ (69)
J&H (74)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR