FC2ブログ
A D M I N
topimage

2019-07

記録 (低血糖症と眼球内腫瘍悪化) - 2019.07.26 Fri




ご心配頂いてるお友達に
まともに説明も出来ずに申し訳ありません。
頂いた優しいお言葉に
こわばってた気持ちがほどけてたくさん泣きました。
そして少し楽になりました。
ありがとうございました。



一週間を過ぎて・・・
とにかく状況を記録しようと思います。




始めにおかしい事に気が付いたのは目の方だった。
左目を開けられずにいた。

目薬をすれば少しは良いかと点眼してみたが
変ることなく目が開けられない。

目ヤニや激しい充血はなかった。
その時はさほど慌てることもなく
病院に(眼科)行く準備をせねばと思ってた。


IMG_0027_20190725215525238.jpg


あれやこれやと準備していると
樹里はヨロヨロとベッドに行って寝始めた。

こんな状況で寝られるのかと少し変に思ったが
この間に準備しようと思っていて。

でも少ししてふと気になった。

そばに行き呼びかけてみる。
耳が遠いから聞こえないか・・・
いきなり触ると驚くからそっと触って呼びかける。

反応なし。
おかしい・・・

体を揺さぶって呼びかける。

反応しない。
起きるどころか目すら開けない。
呼吸はやや早め。

何度も名前を呼んでも
どんなに揺さぶっても

起きない・・・



IMG_0009.jpg


一つも動けなくなった樹里を抱えて車に乗せ
とにかく急いでかかりつけ病院へ向かった。
ひとり残した波愛が玄関で鳴き声をあげたかどうかも確認する余裕がなかった。



病院に駆け込んだ時には目を覚まして
少し動こうともしていた。
でも立つこともおぼつかず抱いたまま。

診察台に乗せると少しは立った。

レントゲン撮影と血液検査。
老いによる体の不具合が並び
背中も良くない。

血液検査に至っては
2週間前にした検査からガラリと悪い結果ばかりだった。


急に一気に来ちゃったけどね。
こうゆうのは典型的な老いから来る不具合だね。
ツラいだろうけど仕方がないんだよ。


明らかに動揺してるのを落ち着かせるように
ゆっくりと優しく話してくれた。



ある程度起きていたので
ブドウ糖を与えられ
注射を打たれた。

しばらくすると少しづつしっかりとしてきた。
樹里の穏やかになってきた顔を見てホッとした。

腎機能の低下を心配してきたが
膵臓もどうも良くないらしい。
そこからの低血糖症のようだ。

少し前から低血糖は指摘されてて
ご飯に少しの砂糖を入れて食べさせていた。
ご飯自体食べたり食べなかったりの時もあったが
最近ではやっと食べてくれるようになってきたのに・・・

とにかくある程度の糖分を取らせないといけなくなった。
いざというときのブドウ糖のアンプルとシリンジ
膵臓の薬と痛み止めをもらい帰宅。

夜にはご飯も食べて
ガッツリの補助をして何とか排尿排便もできた。


目はまだ開かず。




IMG_0015.jpg


翌日目は開くようになったが
黒目は白濁
眼圧が上がってるようだった。

眼科へ。

眼圧は初診で行った時より高い数値が出ていた。
そして
目の中の腫瘍が急に大きくなっていた。


腫瘍が大きくなって眼球が変形し始めています。
これからどんどん痛みが出るでしょう。
目も出っ張ってくると思います。


そんな事態になってももう出来ることはないと
申し訳なさそうに言われるだけだった。

帰りの車の中で大泣きしながら
樹里と帰宅。

今の段階で十分に目は痛いだろう。

今までは腫瘍の存在をはっきりと確認できるほどではなかったが
今ではしっかりとわかる。
その大きくなった腫瘍のせいで
無理矢理に外側瞼が余計に開き気味になってしまった。

一日に何度となく
顔の左側をビクっとさせるようにもなった。
それが痛みなのか神経の刺激なのか。


毎日3回。
少し瞼を上げて目薬をする時に
目にする腫瘍に苦しめられてる痛々しい樹里の左目・・・


目薬をするたびに心が折れそうになる。



IMG_0043_20190725234953754.jpg




これから樹里がどうなっていくのか。
怖いし心配だ。


・・・それでも
樹里と一緒に頑張る。






スポンサーサイト



樹里の事でとりあえず。 - 2019.07.19 Fri






もう少しで膀胱炎も一息つけると思って
前回更新した翌日17日。



樹里の左目の腫瘍が急に動き出した。


そして低血糖症で倒れた。




当日の朝までいつもと変わらなかったのに。


パニックと恐怖で
留守番させる波愛の事を考える余裕もなくただ

「待ってて!」

とだけ言い放って
何度も名前を呼んでも
どんなにゆすっても目すら開けない樹里を抱えて
病院に駆け込んだ。



IMG_0016.jpg


処置をしてもらい
今現在は足がより不安定になったものの
自分の足で歩けている。

低血糖症のことも含め
左目の明らかな悪化のことで
まだ頭の整理がついていない。


今は一分一秒も樹里の状態が心配で
目を離すことができないでいる。
何一つ余裕がなく何も手に付かない。


落ち着いたら
きちんと記録しようと思う。
とりあえずはここまでで。



しばらく連絡等できません。
ご容赦頂きたくこちらにて。







記録(謎の検査結果。4種目を2週目。) - 2019.07.16 Tue




もう雨ばっかり・・・


我が家の樹里ちゃんがせっせと洗濯物増やしてくれるってのに
こんなんじゃ一つもスッキリ乾きゃ~しない。




IMG_2936.jpg


お外の番犬パピボーちゃんもびしょ濡れだわ。






樹里の記録。


4種類目の抗生物質を服用しながら
2度目の感受性検査の結果を待っていたわけだが。

先週結果を受けて病院へ。



IMG_2904.jpg


病院へ行く前日。病院から連絡をもらい
今回の結果、効果が認められるのは1種類のみ。
それも腎臓、肝臓にリスクがある薬。
(前回の検査でも感受性2+で効果ありだったもの)

えっ・・・それだけ?

今の薬だって何となく良い感じな風なんだけどな・・・
チッコのニオイも良くなったし
樹里見てると今までで一番良いように見えるけど。
でも検査すればまだバイキンまみれなのかな。


その唯一の薬。
腎機能が弱くなってる樹里に使うのは避けようって使わなかった薬。


どうしよう・・・

そればかりが頭の中をグルグルしてた。


しかし。
どうもこうもない。

使いたくない薬でもこれしか選択肢がない。
もう長すぎるくらい樹里の膀胱に湧き続けてるバイキン。
それによって炎症起こしてて出血も続いていた。
バイキンが腎臓や体全体に回りでもしたら大変な事になる。
敗血症になったらとても危険・・・
今の樹里の場合膀胱炎でもナメてかかってはいけない。


使えば腎臓に影響が。
使わなければバイキンが。
どっちもひいては命にかかわる。

結局このまま放っておくわけにもいかない。
先生と用心しながらこの薬を使うことを決めた。

とは言え
この選択で良いのか怖くて
この日は良く寝れなかった。



IMG_2931.jpg

雨模様の中ポツポツと咲き続ける我が家のバラちゃん。



朝一のチッコを採取して病院に行ったのだが。

どうしたことでしょう。
4種類目の抗生物質。
これは検査で-。耐性が認められてたはず。
要は効かないよ~って薬ってことね。

なのに。

それなのに。



尿検査したら

効いてるじゃんか~~~っ!!!
尿をつけた試験紙はキレイな色合いが並び(タンパクは相変わらずだけどね)
顕微鏡にはほぼバイキンは見られず。
先生と二人で


ええええ~~~っ!!!
何で~~~っ???
ともすりゃハモる勢いだったわ。


前回の検査で2+・・・バッチリ効くはずの薬。2種がダメだった。

それで1+だった今の薬。3度目の挑戦でこれを飲ませてたんだけど。
今回の検査では-・・・耐性あり(効かないよ~)の結果が出てた。
でも実際は効いてる。


はぁ???

前回は我慢したけどさ~さすがに

どうなってんだよっ!!!
一度ならず二度までもぉ・・・


って思うよね。
先生にはそんなの顔にも出さなかったわよ。
だって先生に言っても仕方ないし。
それに先生の方がよっぽど怒ってるし。(笑)


何?検査ってこんなに使えないものなわけ??
ヒド過ぎじゃね??そりゃ何かそうなる要素があるのかもしれないけどさ~。

無駄に効かない薬で負担掛けたくないから検査してるのに。

短期間で2回も検査出して
この使えなさって・・・正直ムカつく。


なんて思いながら先生と話してた事は
誰も知らない・・・(笑)



IMG_2902.jpg


ってなことで。

現実に効いてる今の薬をもう1週間服用することに。
とは言え本当にこれがキレイにしてくれるかはまだ確信はないが。
今効いてるようなのにわざわざリスクの高い薬にする必要はないかと。


悲しいことだがきっとまたなる膀胱炎。
リスクはあるが効果の高い唯一さんは
打つ手がなくなった時の最終兵器ってことで。


4種目が効果をあげてくれて喜んだはいいが。
何せ3種類にこっぴどくフラれ続けたもんだから
どうにも不安が拭えない・・・ビクビクしちゃう(笑)


次回の尿検査まで油断できないわ。

どうか樹里を救ってくれてますように・・・


記録 (デコ再び。) - 2019.07.15 Mon




樹里の事もまだ全然だってのに。

でもまあ。
良い状況も得られたには得られた。

が。

おかしなことって言うか
わけわからないことって言うか。

謎はどんどん迷宮へ・・・

なおかげで
不安と心配は尽きない。チッ。

イラつくわ。



IMG_2823.jpg

調子がいい時はこんな笑顔も見せてくれる。


あ。樹里の記録はまた次回。



今回は黒豆の記録。



IMG_2868.jpg



黒豆波愛ちゃん。
病院でまたデコをちぎられてきました。(だから言い方。)

ちょうど一年前くらいになるかな?
デコにデキモノが出来て
ちぎられたのよね。

その時はまさに外に出てたデキモノ。
同じ場所に今度は中にコリっとした感じの物が。
大きさはBB弾くらいか?

少し切開してプリっと出せないものかと思ったけど
そんなに簡単な物じゃないよね~はい、そうですね。



IMG_2875.jpg


再発するたびに痛い思いさせるのは可哀想と思って。
何とかなりませんか?って相談したら。


これをしっかりと取ろうと思えば全麻。
しかも結構な範囲を切り取ることになるんだって。
そうすると縫合するのに
場所が悪くて・・・

皮が足りない・・・

デコの皮なんてピンピンだもんね~

グイっと引き寄せて縫合しなくてはならず
目に近めなので
目に影響与えるかもって。
瞼を閉じづらくなるとか。

エエエエ・・・そんなんじゃやれるわけないじゃん。


勿論命に関わるとかの状況によるけど
前回の時に組織検査して大丈夫そうだったし。

目を患うようなことになっては困る。

だから大事に至らないようならば
その都度の処置をしてもらうしかないようだ。

で。
少し切開して絞れるだけ絞られ
(超痛いのにまた波愛は必死に頑張ってくれた)
お薬もらって帰宅。



・・・はぁ。

樹里と波愛で薬祭りだわ・・・

挙句に揃いも揃って


スッキリしねぇなぁ・・・



想う・・・ - 2019.07.12 Fri




先日いつも一緒に遊んでくれていたお友達がお空へ返っていきました。


美しく愛らしい元気いっぱいで
頑張り屋さんの女の子。



DSC06560.jpg






一緒に色んな所へ出かけて

一緒に歩き

一緒にオヤツを食べ


楽しい時間をたくさん過ごせたことは
樹里と波愛にとっても大切な宝物です。






DSC_0317.jpg


クレちゃん。


仲良くしてくれてありがとう。


まだまだ淋しさが募る日は続くだろうというのに
あなたを想うと
笑顔にさせてくれる事ばかり。

ずっとずっと忘れないよ。



記録(膀胱炎 抗生物質4種目) - 2019.07.05 Fri






先週3種類目の抗生物質を服用していた樹里。

一週間の様子を見てる限りでは

良くなってる気がしねぇ。


というのも。
一週間ずっとチッコのニオイがヒドイ。

酷い体調不良は感じないものの
「まだマシ。」から快方へ向かう兆しもなく。



IMG_2865.jpg


重い気持ちをぶら下げながら
昨日樹里を連れて一週間後の検査へ。


もうママの中ではわかりきっていたが
やはりバイキンは減ってる感じなし。潜血反応も結構なものだった。

見た目にはチッコの色で出血してる感じはなくとも
しっかりと出てる。
今までも同様。

ずっと出血し続けている状態だ。
バイキンにもずっとさらされ続けている。


体重13kg
一週間前からご飯に高カロリーの物をプラスしていたので
100gとは言え増えていてくれて良かった。
(腹のウン〇は出し切って測定ね)

尿検査と共に血液検査も。

気になっていた腎機能については特段変化はなく一安心。
(決して良くないんだけど酷くなってはいないってことね)

先生が心配している項目は
白血球数と低血糖。

免疫の弱さはもはやどうにもね・・・
低血糖はご飯に少しのお砂糖を加えてあげるってことで。


正常範囲内の項目もギリギリのものが多く
嬉しい結果なんてなかった。



IMG_2866.jpg



で。肝心の膀胱炎だが。

もう一度感受性検査にかけることにした。
前回同様の結果が出る可能性もあるが
もう一度だけやってみることに。

結果待ちの間の薬はまた変更。
今までは2+でバッチリ効くはずの薬だったが
今回は1+のもの。
バッチリって程ではない結果でも
性質の違う抗生物質で様子を見ることに。
同じのじゃやはり期待薄いしね・・・






投薬2日目。


微妙。



薬を変えるたびに今度こそは今度こそはと期待してきたが。
今回のはどうなんだろうな・・・

もう3週間以上もバイキンにさらされ
出血し続けている。
グッタリするほどの不調は見られないにしても
目の事もあるので
一刻も早く何とかしたいのに。

焦ってどうなるわけじゃないけど
心配は募る一方だ。



IMG_2864.jpg


それでも頑張るしかないし。

折れそうな気持をビニールテープでグルグル巻きに補強して(笑)


ファイト~ォッ!!!





黒豆。 - 2019.07.03 Wed





雨のお天気が続く中

こんな天気でも我が家のバラちゃん達は
2番花をつけている。

アジサイも我が家の裏手で咲きまくってるけど
裏まで行くのが面倒くさい。だからいつも写真すら撮らないな。

回覧板を回しに行くときにチラッと見て

おお~咲いとるね~~

って言うだけ(笑)




IMG_2839.jpg

マチルダちゃん(*≧∪≦)


IMG_2838.jpg

部屋の中で楽しんでる。

一生懸命にキレイに咲いてるのを見ると
ホッと気持ちが落ち着く。

いつかアジサイも切り花で楽しもう。




IMG_2841.jpg


さて。我が家の波愛。

ここのところ樹里の不調で
良い子でいることを強いられている。

心なしか一生懸命に頑張ってるように思える波愛。
ちょっとどいて。
って言えばすぐにどくし
樹里が波愛にドスドス近づく時には
(攻撃しないで)波愛、逃げて~!
って言えばそそくさと退散してくれる。

勿論いつも注意されてることはやめやしないんだけどもね(笑)

それでもきっと我慢もたくさんしてるだろう。



前記事でも触れた
波愛に見張られてる。(笑)
この日帰宅してから
波愛はずっとママに張り付いていた。


IMG_2789_20190702230252dd6.jpg

↑ママが座る度に必死に膝に乗り。

必死に挟まってた(笑)


猛烈に可愛いが心も痛む。


樹里も波愛も同じように大好きで大切で。
それでもどうしても具合が悪い方に手がかかってしまうのは仕方ない。
でも淋しい気持ちにさせてるとしたら申し訳ない・・・
父ちゃんも仕事で忙しいしね。

ママは体一人分しかないからね~(誰でもそうだけど)
分身の術が使えたらいいのに。いやマジで。



あ。でもたくさんお話はしてる。(通じてるかは別としてね)
はぁ?みたいな顔してるけど(通じてないよね)(え?ただのママの独り言?)
ママの中では強引に
波愛とお話してる。
って事で。(笑)


ママに心の余裕がないのもいけないんだけど。


樹里も頑張ってるからさ
もう少しの間波愛も付き合っておくれ。

お頼み申す~。




記録(眼科 定期検査)&波愛ごめんね。 - 2019.07.01 Mon






膀胱炎の検査結果が出た日の夕方。
今度は樹里の左目の定期検査と目薬をもらいに。

こちらは樹里を連れて。

波愛は父ちゃんとお留守番。


こちらは樹里が行かないと話にならないのでね。
調子が悪いのに病院2軒は樹里の負担になるかもと思って
検査結果の方はママだけで行ったの。


IMG_2798.jpg



朝の病院で置いて行かれたもんだから。
(樹里も父ちゃんもいたんだけどね)

かかりつけから帰宅後
何やら波愛に見張られてる感じが・・・


IMG_2799.jpg


自分のベッドで良い子に寝てくれてるけど
気が付けば波愛がママを見てる。

夕方の為にバッグを構ってたら
見張られ始めた(笑)

ごめんね波愛。
もうママいるよ~どこも行かないよ~
っていつも留守番してもらった時みたく言ってあげたいけど。
また行くんだよね~~・・・しかも樹里だけ連れて。

ごめんよ~~(T_T)



IMG_2810.jpg


んで。
置いて行かれて泣きまくってる波愛を父ちゃんに任せて
いざ出発!!!


IMG_2812.jpg


心が痛むが樹里よ・・・
遊びに行くわけじゃないんだよ。


一時間ちょっとの樹里とふたりきりのドライブ。
ちょっとウキウキしてる樹里が可愛い(*≧∪≦)
まあ、目的地は・・・

病院だけど。




病院に着いてしばらくしたら呼ばれて
樹里は検査の為先生と奥へ。


眼圧検査と細隙灯検査をしてもらう。
初めて行ったときは他にも検査をしてもらったけど
今はもっぱらこの二つ。

ここ最近は膀胱炎のせいで
息が上がることも多く
自動的に左目がグングンしてしまう事も多かった。
目に良くないのでは・・・と心配だったんだけど。

眼圧は問題なく安定していた。ホッ。
でも腫瘍は少し大きくなってると。

・・・そうですか。


毎日目薬して
目を擦りつけたり手で構ったりといった
痛みを感じてるような仕草はなかったし。
見た感じ眼圧も酷くなってるようにも感じなかったから
腫瘍もまだ動きはなく
このまま大きくならずに落ち着けたらな~
なんて都合の良いこと思ってたりしたから

やっぱ凹んだわ。



IMG_2813.jpg

↑疲れて放心状態の図。


眼圧は薬のお陰で酷く上がるのは抑えられている。
でも普段から右目と比べれば少し大きく見えるし
白目も発症当時は充血で真っ赤になってたけど
今では茶色になってる。
それを見るたびに悲しい。
可哀想でたまらなくなる。
痛みや違和感が全くないわけじゃないだろうしね・・・

どの位どう痛いのか
わかってあげられないのがツライね。


そんな気持ちにもなるけど

頑張ってる樹里のためにも


ママも頑張るわっ!!!


次回病院は変化がなければ
3カ月後。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

樹里はのママ

Author:樹里はのママ
千葉県在住

樹里(じゅり)…2003年12月31日生まれ♀
ボーダーコリー

波愛(はのあ)…2011年12月11日生まれ♀
チワプー

父ちゃんとママと樹里&波愛で「それ行け!バカ一家」やってます。
     

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (650)
樹里 (121)
波愛 (78)
父ちゃん (1)
ママ (76)
J&H (99)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR