FC2ブログ
A D M I N
topimage

2019-08

それでも頑張る樹里。 - 2019.08.09 Fri




樹里がやっとおねんね始まったので
この隙に連日更新!




ただでさえ日々ズデ~ンな生活をしてる樹里。(転んでばかりってことね)


低血糖症で動けなくなってより一層足腰はグニャグニャになった。

何日も寝てたわけではないのにな・・・
でも病院に駆け込んだ時は後ろ足の麻痺が若干あった。
それを思えば歩ける事を維持できてるのは有難いことなんだけど。




IMG_0022.jpg


↑足の踏ん張りが効かず
立っていても足が流れていってしまう。


もはやどんな敷物にしても
滑りまくる足はどうにもならず

足が開いて行ってしまう。



IMG_0023_20190807202138055.jpg



ああああ・・・って言ってる間に↑こうなる。


体の堅いママなら
この時点で絶叫ものだ。





IMG_0024.jpg



そして最後は力士ばりのマタ割だわね・・・



見てるだけでえらいこっちゃな姿勢になってるけど。

我が家の樹里ちゃんは関節が柔らかい。
股関節も問題なく
この体勢でも痛くない模様。


とは言え
こうなってはもはや自力で起き上がるのは無理なので。

こんな体勢で寝られてもこっちが心配になるので。

勿論お助け申す。




IMG_0027_2019080720214231f.jpg


毎日色んなバージョンで何度もお助け申すんだけど。
困った体勢になってしまっても
ママや父ちゃんにお助け申されながらも
樹里は自力で一生懸命歩いている。

よろけたり

転んだり

尻もちつきながら。


その頑張りが見てるこっちはツラくなる時も。
そんなに無理しなくても・・・そう心の中で思う時もある。

でも
よろついたり、うまく立ってられなくても
樹里の自力のおかげで
排尿&排便も支えてあげればいいだけで済んでいる。

本当に有難い。

寝たきりになる日が来るかもしれないけど
その時は全力でお世話させてもらうわ。
それまでは
ヨロヨロでも良いから
樹里の可愛いオテテとアンヨで
一生懸命歩いて欲しい。




今のお助け申す日々もね
小型犬と違うのでかなり体力使うけど
いっぱい樹里を抱っこできるのが

結構嬉しい。(* ̄▽ ̄)フフフッ♪のさ。


今まで樹里って自分が怖かったりとかした時以外は
あまり抱っこさせてくれなかったからさ~~(樹里のケチ!とか言ってたもんな~)

今は抱っこし放題(笑)


v( ̄Д ̄)v イエイ





スポンサーサイト

患いの高級デパート。 - 2019.08.08 Thu





光の速さで膀胱炎を再発させ。

ワンランクUPの悪さを披露した樹里に

病院の先生が言った・・・

病気の高級デパートみたいだな。


確かに。(笑)



置かれてる現状を考えれば
笑ってる場合じゃないんだけど。

ここの所ずっと
かかりつけの先生もママも
険しい顔しかできなかった。

目も膵臓も膀胱も。
細かくあげればまだ諸々あるんだけど。

とにかく一筋縄ではいかない患いばかり。

ウマい事言うな。でも高齢になればそうゆう子は多くなるよね・・・


もう笑うしかない現状だ。


IMG_0002.jpg

↑軽やかな感じでおねんね中だけど。


ここの所樹里は2~3日に1回くらいしか排便しない。
しかもやっとでたウンPはゆるい・・・

その日その日で食べたり食べなかったりが激しく
食べても量が少なくてね・・・

そりゃ~出るわけないわ。

出る物がゆるいのは
食べてるもののせいもあるだろうし
抗生物質の影響もあるかもしれない。


それでもチッコはちゃんと出てたので(チッコは出ないと危険だからね)
一週間ほど乳酸菌を取らせて様子を見ていた。

下痢ってくらいになれば抗生物質を中止しなければならない。
でもこの薬じゃないとしっかりと効果を期待できない。
ヒヤヒヤものだったが
途中の尿検査ではとても良い経過状況だった。
あと一週間薬を服用するのに
やはり腹が気になってたがやっと昨日辺りから
腹が落ち着いてきた。




IMG_0003_201908072021347fa.jpg



ちょうど一番腹が不安定だった時
会いに来てくれたお友達に

山ほどの屁を浴びせかけてた。




さぞやクサかったであろう。

いやはや。

大変申し訳ありませんでした。


お陰様でやっと少し落ち着いて
ほぼ屁は止まっております。


(笑)




IMG_0004.jpg


すっかりまともにご飯を食べなくなった樹里。

肉は食べたかと思えば数日後には一切れも食べなくなり。
白米は食べると思えば翌日にはいらない~。
パンなら食べるのねって2日後には食べない。

そして今はうどん。
砂肝スープのうどんは完食するが
肉うどんは肉を全残し・・・
肉が勿体ないのでそれを波愛に食べてもらう。

樹里が口をつけなくなったドライフードをやはり波愛に消費してもらってて
それがやっと終わる~と思ったら今度は缶詰め。
フードやら肉やらの樹里の尻ぬぐいをさせられてる波愛。

すまんのう。。。すごく美味しく食べてくれてるけど(笑)


樹里の糖補給にと(低血糖なので)
これまた心配して来てくれたお友達が
山ほど差し入れてくれたスウィーツは喜んで食べてる。

病院の先生に

樹里ちゃん、オヤツに甘いものでも食べな~~ヽ(´∀`)ノ


って言われてるので
樹里は美味しいオヤツを毎日食べてる。
チョコとかワンコには×なのはダメだけど
カステラとかアイスとかその他色々。(笑)


ツラいの頑張ってるんだからご褒美みたいなものよね~~(´∀`*)
ってスタッフさんにも言われ

もうこれからは甘い物ご褒美DAYの日々だ。




これでご飯ももう少し食べれると嬉しいんだけどな・・・(T_T)





記録 (再発&経過) - 2019.08.01 Thu




今日から8月。


梅雨が終わって一気に真夏の暑さがやって来た。
ここ数日暑すぎて困るわ。
でも洗濯物は瞬乾。(笑)
色んな物を洗わなければならない我が家には
それだけは最高。




IMG_0023.jpg



先週土曜日。
また樹里は膀胱炎を再発させた。

まだ低血糖や左目の事にも
しっかりと対処が出来きれてないというのに・・・


しかも尿検査で今回初めて極めてヤバそうなものが出てきた。

とは言え。
ショック続きのママにはもはや

それがどうした。である。
そのヤバそうなものは例え判明させてもどうもできない。
先生も同じ考えで
とにもかくにもバイキンを消して出血を止める事。

今の樹里の状態では
出来るだけ早くこの負担を取り除いてあげたい。
って事で抗生物質&止血炎症止めを服用開始。



IMG_0020.jpg

↑眠いのだろう。


散々ウロウロ歩き回り
程よく疲れ眠りたいのだろうが
背中の調子が悪いので
伏せるのにもゆっくりゆっくりと時間がかかる。
そしていざ寝始めてもハッと起きてしまう。
何度もこれを繰り返し
スヤスヤ眠るまで容易ではない。


左目は眼科へ行った日から
徐々にどころか
一日一日見てわかるくらいに悪くなり
瞼をずらさなくても腫瘍が侵攻してきてるのがわかるようになった。

左目をシバつかせることも多くなり
日に何度も流れ出る涙を拭くようになった。





IMG_0007 (1)


今まで食べてくれてた缶詰めも食べなくなった。
そのくせオヤツや人が食べてるものは食べたがる。

ご飯の滋養は勿論だが
糖分も摂らなくてはいけないので
ろくに食べないときは高カロリーリキッドにガムシロップを入れ飲ませる。
残すようならシリンジで強制給仕(笑)

今はかろうじて喜んで食べる焼肉に缶詰やおじやを絡めて
だましだまし何とか少しでも多く食べさせようと

奮闘中。

樹里の食事には色々制約があるのだが
今の状況だからこそ食べないままでは一気に弱っていってしまうだろう。
だからもうこの際。
「食べてもらう」ことを最優先。


全く贅沢極まりないけどね(笑)




IMG_0003.jpg



目の事だけでも今で十分にツラそうだ。
体全体でも決して良い調子ではないはずだろうし。
でもそんな状況の中でも
樹里はママの事を優しくペロペロとチューしてくれる。

その度に泣きそうになるが
樹里が心配するからグッと堪える。


グッと堪えながら
毛があるので見た目わからないが
やせ細ってしまった樹里を
撫でながら
抱っこしながら


樹里のそばにいるよ。

樹里が大好きだよ。

ほとんど聞こえていない耳に
何度も語り掛ける。


もう愛の日々だ。

(笑)




IMG_0026.jpg



正直言って
たくさん不具合がある子のお世話の日々は
大変な時もある。

我が家も一日一日を過ごすのに
精一杯だったりする。


それでもやっぱりやらずにはいられないものだ。



今もなお日増しに可愛くてたまらない樹里と
一緒にいられる喜び。
それを大切にしていきたいものだ。




IMG_0005.jpg




もうひとりの可愛くて仕方ない「更に小さいひと」と一緒に。




記録 (低血糖症と眼球内腫瘍悪化) - 2019.07.26 Fri




ご心配頂いてるお友達に
まともに説明も出来ずに申し訳ありません。
頂いた優しいお言葉に
こわばってた気持ちがほどけてたくさん泣きました。
そして少し楽になりました。
ありがとうございました。



一週間を過ぎて・・・
とにかく状況を記録しようと思います。




始めにおかしい事に気が付いたのは目の方だった。
左目を開けられずにいた。

目薬をすれば少しは良いかと点眼してみたが
変ることなく目が開けられない。

目ヤニや激しい充血はなかった。
その時はさほど慌てることもなく
病院に(眼科)行く準備をせねばと思ってた。


IMG_0027_20190725215525238.jpg


あれやこれやと準備していると
樹里はヨロヨロとベッドに行って寝始めた。

こんな状況で寝られるのかと少し変に思ったが
この間に準備しようと思っていて。

でも少ししてふと気になった。

そばに行き呼びかけてみる。
耳が遠いから聞こえないか・・・
いきなり触ると驚くからそっと触って呼びかける。

反応なし。
おかしい・・・

体を揺さぶって呼びかける。

反応しない。
起きるどころか目すら開けない。
呼吸はやや早め。

何度も名前を呼んでも
どんなに揺さぶっても

起きない・・・



IMG_0009.jpg


一つも動けなくなった樹里を抱えて車に乗せ
とにかく急いでかかりつけ病院へ向かった。
ひとり残した波愛が玄関で鳴き声をあげたかどうかも確認する余裕がなかった。



病院に駆け込んだ時には目を覚まして
少し動こうともしていた。
でも立つこともおぼつかず抱いたまま。

診察台に乗せると少しは立った。

レントゲン撮影と血液検査。
老いによる体の不具合が並び
背中も良くない。

血液検査に至っては
2週間前にした検査からガラリと悪い結果ばかりだった。


急に一気に来ちゃったけどね。
こうゆうのは典型的な老いから来る不具合だね。
ツラいだろうけど仕方がないんだよ。


明らかに動揺してるのを落ち着かせるように
ゆっくりと優しく話してくれた。



ある程度起きていたので
ブドウ糖を与えられ
注射を打たれた。

しばらくすると少しづつしっかりとしてきた。
樹里の穏やかになってきた顔を見てホッとした。

腎機能の低下を心配してきたが
膵臓もどうも良くないらしい。
そこからの低血糖症のようだ。

少し前から低血糖は指摘されてて
ご飯に少しの砂糖を入れて食べさせていた。
ご飯自体食べたり食べなかったりの時もあったが
最近ではやっと食べてくれるようになってきたのに・・・

とにかくある程度の糖分を取らせないといけなくなった。
いざというときのブドウ糖のアンプルとシリンジ
膵臓の薬と痛み止めをもらい帰宅。

夜にはご飯も食べて
ガッツリの補助をして何とか排尿排便もできた。


目はまだ開かず。




IMG_0015.jpg


翌日目は開くようになったが
黒目は白濁
眼圧が上がってるようだった。

眼科へ。

眼圧は初診で行った時より高い数値が出ていた。
そして
目の中の腫瘍が急に大きくなっていた。


腫瘍が大きくなって眼球が変形し始めています。
これからどんどん痛みが出るでしょう。
目も出っ張ってくると思います。


そんな事態になってももう出来ることはないと
申し訳なさそうに言われるだけだった。

帰りの車の中で大泣きしながら
樹里と帰宅。

今の段階で十分に目は痛いだろう。

今までは腫瘍の存在をはっきりと確認できるほどではなかったが
今ではしっかりとわかる。
その大きくなった腫瘍のせいで
無理矢理に外側瞼が余計に開き気味になってしまった。

一日に何度となく
顔の左側をビクっとさせるようにもなった。
それが痛みなのか神経の刺激なのか。


毎日3回。
少し瞼を上げて目薬をする時に
目にする腫瘍に苦しめられてる痛々しい樹里の左目・・・


目薬をするたびに心が折れそうになる。



IMG_0043_20190725234953754.jpg




これから樹里がどうなっていくのか。
怖いし心配だ。


・・・それでも
樹里と一緒に頑張る。






樹里の事でとりあえず。 - 2019.07.19 Fri






もう少しで膀胱炎も一息つけると思って
前回更新した翌日17日。



樹里の左目の腫瘍が急に動き出した。


そして低血糖症で倒れた。




当日の朝までいつもと変わらなかったのに。


パニックと恐怖で
留守番させる波愛の事を考える余裕もなくただ

「待ってて!」

とだけ言い放って
何度も名前を呼んでも
どんなにゆすっても目すら開けない樹里を抱えて
病院に駆け込んだ。



IMG_0016.jpg


処置をしてもらい
今現在は足がより不安定になったものの
自分の足で歩けている。

低血糖症のことも含め
左目の明らかな悪化のことで
まだ頭の整理がついていない。


今は一分一秒も樹里の状態が心配で
目を離すことができないでいる。
何一つ余裕がなく何も手に付かない。


落ち着いたら
きちんと記録しようと思う。
とりあえずはここまでで。



しばらく連絡等できません。
ご容赦頂きたくこちらにて。







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

樹里はのママ

Author:樹里はのママ
千葉県在住

樹里(じゅり)…2003年12月31日生まれ♀
ボーダーコリー

波愛(はのあ)…2011年12月11日生まれ♀
チワプー

父ちゃんとママと樹里&波愛で「それ行け!バカ一家」やってます。
     

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (644)
樹里 (109)
波愛 (77)
父ちゃん (1)
ママ (76)
J&H (95)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR